風俗のバイトを続けるメリット・デメリット

画像 天秤 風俗のバイトをする女性は、日本全国に少なくありません。
生活費や学費を稼ぐ為、借金返済の為など働く理由も様々です。
今回は、風俗嬢を続けるメリット・デメリットについてお伝えします。
風俗嬢のお仕事は、一般企業よりも高収入が見込めます。
高額な給料が稼げることは、仕事を続ける上で大きなモチベーションにもなりますが、風俗のアルバイトを続けることで発生するデメリットにも気づかないといけません。

風俗バイトのメリット

画像 メリット

風俗のお仕事は、男性客に性的サービスを提供し、対価を得ます。
女性の心身には大きな負担がかかる代わりに、高収入を稼ぐことが出来ます。
まとまったお金が必要な時、一般企業で働いていてはなかなか工面出来ませんよね。
そんな時でも、風俗嬢なら乗り越えられるのです。
風俗嬢の平均月収は、40万円以上です。
一般企業のOLとして働いている女性は、その半分以下の収入で生計を立てているはずです。
OLの2倍近くの月収を得られることで、生活水準が上がることは言うまでもありません。
夢や貯金目標がある女性も、風俗嬢を続けることで目標達成時期が早くなるでしょう。
時間の猶予もなく大金を要する女性にとって、風俗のアルバイトは救世主的働き口なのです。

風俗バイトのデメリット

画像 デメリット

高収入が実現する風俗バイトにも、デメリットはあります。
風俗嬢を続けることの最大のデメリットは、社会的信用を失うことです。
風俗嬢から昼職に復帰する際、職歴書に「元風俗嬢」と記入することは控えた方が良いでしょう。
仮に正直に打ち明けたとしても、昼職の面接官からは嫌な顔をされるだです。
なぜなら、風俗の仕事を真面目にしていても定職に就いていたとはみなされないからです。
「まともな仕事に就けない女性」というレッテルを貼られてしまいます。

また、風俗嬢の多くは、心身的負担に苦しんでいます。
男性客との粘膜接触を伴うプレイを必要とする業種もあり、性病に感染するリスクも高いです。
このように、風俗のバイトで高収入を稼げる代わりに、相応のデメリットがあります。
よほどの覚悟がない限り、風俗嬢になることはおすすめ出来ません。

風俗と昼職のWワークのすすめ

画像 女性

風俗のバイトを続けるメリット・デメリットを知ると、働き方で悩みませんか? そんな女性におすすめなのが、風俗と昼職のWワークの兼業です。
例えば、昼間には一般企業でアルバイトや派遣スタッフとして働き、夕方以降は風俗で副業をするという方法です。
きちんとした職歴と社会人経験を積みたいなら、Wワークの際は昼職の割合を増やすべきです。
昼職の職種は何でも構いません。
数年間のキャリアを積んでおけば、転職活動時にも役に立ちます。
風俗嬢になった女性の大半は、「なりたくてなったわけではない」のです。
金銭的な理由で、やむを得ず風俗のお仕事を始めた女性がほとんどでしょう。
だからこそ、風俗嬢を卒業出来るタイミングに備えて、昼職で経験を積むことが大切です。

まとめ

画像 時計

いかがでしたでしょうか。
風俗嬢を続けるメリット・デメリットについてお伝えしました。
風俗嬢として働くことは、決して悪いことではありません。
法を犯しているわけでもありませんし、サービスを提供して対価を受け取っている点では、昼職と変わりません。
ただ、社会的な心象が良くないことは確かです。
キャリアプランを決めている女性は、風俗だけでなく昼職も兼業すると良いです。
職歴書にも自信を持って記載出来る職種で一定期間働きましょう。
そうすることによって、風俗嬢を退いた時でも転職先に困ることはありません。
実際に、風俗と昼職のWワークをしていた女性の多くは、昼職に復帰しています。

ここまで読んで、風俗のお仕事に少しでも興味を持った女性がいるのならば、関東風俗店の求人情報は高収入バイトGirlsJob『みっけ』で検索!を見てみると良いでしょう。
この風俗の求人を募集しているサイトは、「女の子が風俗を卒業するまでを応援する!」がコンセプトです。
現役風俗嬢にインタビューをする記事では、「将来はスタッフとして働きたい」と語る興味深いコンテンツがあります。
その他にも、睾丸マッサージの記事、ソフトサービス店の男性スタッフさんのインタビューなど読み応えがあるサイトになっています。

ページの先頭へ